パスワードポリシーの実装方法

アプリ構築時に実装しなかった複雑なパスワードポリシーを予算掛けないで実現したいのはわかるよ。
でも、起動モジュールをサーバの共有フォルダに置いて、ファイル共有のアクセス制御でパスワードポリシーを実現するってのは余りに場当たり的だろ。
そのためにサーバをDomain Contlorerにしてとか、別ドメインと信頼関係結ぶとかもうビックリだ。
確かにドメインのパスワードポリシーで複雑なパスワードを強制すれば間接的にはアプリに複雑なパスワードポリシーを設定するのと同じ結果になるけどさ。

パソコンオタクじゃあるまいし、そんな珍しい構成すんなや。
あとから面倒みる人間が悩むじゃないか。

一体なに考えてたんだろ。

と思ったけど考えが少し変わった。

きっと技術的なことを相談する相手が居なかったんじゃ無いかと思う。
ほかのマシンの構成を見たりして感じたこととしては、これをやった人はパソコン好きではあったと思うけどエンジニアじゃ無かったようだ。
予算は出ないけれどセキュリティの実装を求められ、相当悩んでたどり着いた解決方法だったんじゃ無いかな。

そうおもうとちょっと泣けてきた。

広告

nobuhikoi について

msnスペースのサービス終了でここに移動してきて以来、ここのことは特に誰に知らせるでも無く不定期に書いています。 読者が居るとも思ってません。 人を楽しませる文章が書けるわけじゃ無いしね。 だからコメントなんて全然つかないけど、それは平気なんです
カテゴリー: コンピュータとインターネット パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中